バナー

ベイザー脂肪吸引について

ベイザー脂肪吸引は、手術が短時間で終わるのが特徴です。
通常の脂肪吸引では、脂肪が気になる部位の皮膚の表面を2センチくらい切開します。

そこからカニューレを挿入して、脂肪を吸い出します。


一方、最新の技術を使ったベイザー脂肪吸引は専用の治療器を使って手術を行います。


出血を抑え、短時間の手術で脂肪を除去します。

まず、注射器を用いて麻酔を注入します。

この麻酔液は手術が終わると尿として排出されます。

大阪の豊胸に関する情報をすばやく探せます。

切開口から機器を挿入し、ベイザー波で脂肪組織に振動を与えます。

この振動が脂肪組織のみを乳化させて、吸引しやすい状態に変えます。

そしてカニューレを使って、脂肪を除去します。
使用するカニューレには刃がないので、細胞を傷つける心配がありません。


血管や神経を避けるので、内出血や炎症も少ないです。

手術後のダウンタイムも最小限に抑えられます。
おへそを中心に腹部全体の脂肪を吸引すると、数十万円~数百万円かかります。

経済的に余裕がないと、手術を行うことができません。


しかし、皮下脂肪のおよそ90%が除去できるので、従来の脂肪吸引では困難とされた部位や、再手術の部位にも対応しています。

OKWaveの専門知識を身につけましょう。

痩せ型でも吸引できます。

東京の脂肪吸引情報がリニューアルしました。

また皮下の繊維組織の構造を維持した状態で脂肪を除去するので、肌を引き締める効果があります。

脂肪がなくなったことによる皮膚のたるみを防ぎます。

ベイザー脂肪吸引は、美容外科の中心である南米コロンビアで専門医を取得した医師に限られています。